投資

IVV、VOO、QQQを売るべきか? 買うべきか?

投稿日:2022年2月7日 更新日:

株式投資
米国ETFに投資して2年

OKTA、NVIDIA利益確定、レバナス処分、それでも痛い。なぜなら、IVVもVOOもQQQも年初来下げたよね!

1月の投資生活はひどい結果となりました。⤵⤵

パーフォーマンスはここ1年の中で最悪の結果となりました。

なんと、-205万円の損失でコロナショック以来の痛手です。 

少しはリスク回避をしたので、していなかったらと思うとゾッとします。

下る相場を見てどのような行動を取ったかと言うと、

① OKTA、NVIDIAから降りました。

② そして、レバナスも利益確定し、握力なく降りることにしました。

この先20年、30年の未来がない私には持ちこたえる勇気が出ませんでした。

自分のリスク許容度を知る良い経験となりました。

-205万円の損失原因は、全体のポートフォリオに占めるIVV、VOO、QQQの割合、それらの下げだと思います。 

レバナス売りました

1月19日にレバナス売りました。

少し遅かったんだけど、メンタル的にはここが潮時と考え少しでも利益が出ているところでアウトしました。

約定日ファンド名数量[口]解約単価[円]平均取得価額[円]実現損益[円]
2022/1/19iFreeレバレッジ NASDAQ100200,67235,99831,14597,365
2022/1/19楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)380,55315,62115,11019,446

おかげで、約11万円の利益確定となりました。

私はこれで良かったと思っています。

レバナスの積立投資も解約したつもりだったんだけど、なぜか2月にまだ設定されていて2月2日に積立がなされてしまいました。 何やってるんでしょう!

皆さんも、解約日しっかり確認しましょうね。

ここ2-3日の上げ下げで、現在マイナスとなっていますが。

さて、どうするか、考えます。

なぜ、OKTA、NVIDIAを売ったか?

ここ2年好成績だった、NVIDIAを売りました。 ここからグロース株や半導体が下がるかも。 と言うことで、利益が出ていたNVIDIAと損が続くOKTAのセット売りをしました。

約定日銘柄損益
2022年1月11日エヌビディア NVDA / NASDAQ756,960
2022年1月11日オクタ A OKTA / NASDAQ-67,924

70万円弱プラスで利益確定なので、まぁまぁかな。 

NVIDIAもOKTAもまた、もう少し下がったらもう一度買いたい株です。

1月に買った株

なんと、35万円以上株を買ってしまいました。

約定日銘柄銘柄コード受渡金額/決済損益
2022/1/6SBI・V・全米株式インデックス・ファンド 50,000
2022/1/13eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 50,000
2022/1/14MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信255941,835
2022/1/14MAXISナスダック100上場投信263137,890
2022/1/20MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信255941,145
2022/1/21MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信255913,550
2022/1/24MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信255913,350
2022/1/24eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) 50,000
2022/1/25MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信255913,290
2022/1/25MAXISナスダック100上場投信263147,480
   358,540

1月14日以前の購入は、時期が早かったです。

VTIは積立なので仕方ないけど、1/13の先進国、1/14のオルカン、ナスは早すぎます。 

次回から、もう少し慌てずインしないとね。

1/20以降のオルカンの入り方はGoodだと思います。 

株価の底が1/27だったので、うまく入れたかな。 欲を言えば、24日、25日に5株程度買い足すべきでした。

今年はオルカンを増やしていきたいと思います。

今年1月のIMF世界経済見通しを見る限り、インドと日本は経済成長が昨年比より高いので、インドを狙うのもありかもしれませんね。

IVV、VOO、QQQを売るべきか、買うべきか?

インデックスより、個別でPER低位株を買う方が儲かるという偉大な投資家の助言を聞きますが、すでに石油株、天然ガス株などは株価が上がりすぎているように見えてインする勇気が出ません。

だからといって、このままIVV、VOO、QQQを持ち続けず、売った方が良いのでは?というのも考えます。

少なくともQQQは少し売ろうかなと考えています。全部じゃなくて一部確定と言う形です。

以下のチャートは、QQQとVOOそしてVTVの比較です。

2月にQQQは少し戻していますが、VOOやVTVの方が明らかにボラティリティが低いので、VTVを買うことも考えたいです。

結論として

1.QQQは一部売り、それをVTVに入れる。

2. VOOとIVVは放置

3. その他個別バリュー株の選定を検討する

で2月は、少しでもプラスになることを目指します。

-投資
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

kusuri

富士フィルムを調べてみた

富士フィルムを調べてみた こんにちわ。 女性投資家 リバ姉さんです。 今日は、富士フィルムの2019年度業績について振り返ってみます。事業報告は2019年4月1日から2020年3月31日となります。 …

epos-card

EPOS【エポス】カードを作ってみた! 

EPOS【エポス】カードなんて、まさか、私が作るとは・・・ 皆さん、こんにちは。 私、とうとうエポスカードを作りました。 てか、まったく興味がなかったのですが、なんとなく作ることになりました。 不思議 …

百貨店カードを調べてみた

そもそも百貨店業界はどうなのか? 私は百貨店カードを申し込んだことがありません。  それなりに百貨店は利用していますが、良く行く百貨店があるわけではないし、その商圏に住んでいるわけでもないです。  な …

イノベーション株

ディセルナ・ファーマシューティカルズ (DRNA) ディセルナ・ファーマシューティカルズ(Nasdaq: DRNA)はmRNAの技術の最先端を行く小さな会社です。 mRNA(RNA はリボ核酸のことで …

家計の金融資産

日本家庭の金融資産は2018年3月度末時点で、1829兆円で内訳は銀行預金、現金が53%と過半数をしめる。(データ元:2018年6月27日付の日本銀行調査統計局のまとめ) 低金利の今、どれだけ銀行の定 …

株式投資を本格的にはじめました。米国ETFを長期投資に向けながら、日本株のスイングトレードの必勝法を勉強中です。3000万円資金で年率5%目指します。