投資

NISA大失敗からの教訓

投稿日:

こんにちは。くみりんです。

昨日の台風がうそのように、今日は青空で気持ちいいお天気ですね。

皆さんは昨日の台風は影響なかったでしょうか? 私の住むマンションは少し水が1階に入ってきたようですが大事には至らなかったので、ほっとしています。

さて、今日は私のNISAの失敗話をしたいと思います。

私はNISAを5年程前に始めました。当時、NISAという言葉の響きに惹かれ、新しもの好きの私としては、波に乗ろうと始めただけで、まったく投資はド素人でした。

当時は、ヤフー、楽天、アマゾンなどのオンラインショッピングが伸び盛りで、この傾向は続くと見た私は、躊躇なくそれらの株をNISAで購入しました。

まずは楽天。

2015年がピークだったんですよね。ここで私は楽天株をつかんでしまいました。

次にヤフー。

こちらも同様、高値圏で買ってしまった次第です。

それでもヤフーは、今から思えば、その後の売り時が、2017年にあったんです。

結局、売りそびれて、ずっとキープしている状況です。

無防備にも、自分のヤマカンでスタートした私のNISA人生は決して順風満帆とは言い難い状況です。

収支は、以下のとおりで見るも無残。

あろうことか、楽天は40%減ヤフーはその後ナンピン買いをしたので20%減のさんざんな結果です。 

その後もまったく成長しない私は、2017年にも似たような失敗をしてしまい、セブン銀行を買いました。セブンホールディングスとの間違いで買いをいれた次第です。 ここまで来ると才能ゼロですよね。

NISAの大失敗から学ぶことは、こんな塩漬けになるような買い方を、絶対してはいけないと言うことです。

NISAのお勧めはやはり、インデックス投信高配当株かと思います。

あるいはPERが15以下の株式投資で、安定した収益を連続で出している企業でしょうか。

いづれも安値圏の見極めが最も大事で、自信がない場合は、積立で時期を分散するといいです。

私のNISAの中では、米国のETF、VOOだけが唯一プラスですが、実際10%の外国税は徴収されるので、わざわざNISAで買う必要はないかもしれません。

結論:NISAを今から始める人は、私のような失敗をしないように、まずは堅実な買い方(インデックス投信、高配当株を安い時期に買う)をお勧めします。

-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

オリックスを調べてみた

女性投資家 リバ姉さんです。  今回は、オリックスについて調べたいと思います。 なんとなく金融ビジネスと理解しているものの良くわからない会社です。 リース事業かなと思いながら、そう言えばオリックスレン …

家計の金融資産

日本家庭の金融資産は2018年3月度末時点で、1829兆円で内訳は銀行預金、現金が53%と過半数をしめる。(データ元:2018年6月27日付の日本銀行調査統計局のまとめ) 低金利の今、どれだけ銀行の定 …

持ってて良かった、VIX短期先物

VIXって何? VIXって何? 株価のボラティリティを示す指数のこと。 VIX関連のETFもあるんだよ。今は安定しているから、VIX ETFの株価水準が低くて、不安定になるといっきにVIX ETF株価 …

イノベーション株

ディセルナ・ファーマシューティカルズ (DRNA) ディセルナ・ファーマシューティカルズ(Nasdaq: DRNA)はmRNAの技術の最先端を行く小さな会社です。 mRNA(RNA はリボ核酸のことで …

4月の米国株式は強い!!

  4月も株価は上がり続けています。明日はどうなることやら。そろり、そろり歩みます。 調子が良い時こそ、買う、売るのアクション前に己の心に良く聞き、突き詰めます。    証券会社3月末(万円 …

株式投資を本格的にはじめました。米国ETFを長期投資に向けながら、日本株のスイングトレードの必勝法を勉強中です。3000万円資金で年率5%目指します。