ライフ 語学学習

ヘッドハンターはフランス人

投稿日:2018年7月24日 更新日:

adult-business-businessman-618613

そもそも、なぜ、この私が急に日本語教師を志すことになったのか?

あれは1ヶ月ほど前、私はとあるヘッドハンターと新宿でランチの約束をした。

そこにあらわれたのは、年齢で言うと30代前半くらいの清々しいスーツ姿の外国人。

「Are you Mr. ○○?」「はい、○○です。」

あっ、この人日本語OKなんだ。ちょっとうれしい。

そう言えば、私が会うヘッドハンターさんは英語で話す人が多い。

私自身、前職が外資系企業だからヘッドハンターさんは日本人より外人が多いのは自然なことかもしれない。

会話は当然のごとく英語。

今日はラッキーだ。日本語で話せる。

しばし、ランチを取りながら、私の転職について話す。

日本語で何ら問題なく、こちらが言うことを理解してくれる。

ひとしきり盛り上がった後、相手に質問してみた。

「なんでそんなに日本語お上手なんですか?」すると彼は、

「大学は海外に行こうと考えました。

アメリカやヨーロッパは普通でしょ。

だから日本を選びました。

日本には興味があったので。

でも、全然日本語わからないから、

まず名古屋の日本語学校に入って、

愛知県に就職しました。」

「へぇ、そうなんだ!

日本語しゃべれなかったのに凄いですね。」

「いや、いや、まだまだです。」

すごっ、謙遜までできる!!

○○さんによると、

日本語学校入るのにも面接とか試験とかがあるらしい

大変なんだね。

そう言えば私が住んでる東京ではコンビニの店員さんは、

今やほとんど外国から来た留学生。

ざっくりした感覚だが、

ここ5年で10%=>90%に急上昇したような気がする。

観光も、勉強も、仕事も、日本に来る人は増えている。

最近は中国人よりベトナム、インドネシアの人が増えているらしい。

こんなに日本で働く外人が増加しているということは、

日本語学習のニーズも増えているに違いない。

何よりも、「どうしてそんなに日本語うまいの?」

「数ある国の中で、なんで日本?」その実態に触れてみたい。

そして、暇な私は日本語教師について調べだしたのである。

-ライフ, 語学学習
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日本語教育概論 (2)

言語習得と言語発達 言語習得過程の仮説 インプット仮説(クラッシェン) 5つのモニターモデル i + 1(予測して1を出す)言語は理解可能なインプットを通して習得される 文法からは習得がおこらないので …

no image

振り子運動とボールを見ない

今日の練習では、右手の三本の指でしっかり握りヘッドを感じることを練習した。 No related posts.

kusuri

富士フィルムを調べてみた

富士フィルムを調べてみた こんにちわ。 女性投資家 リバ姉さんです。 今日は、富士フィルムの2019年度業績について振り返ってみます。事業報告は2019年4月1日から2020年3月31日となります。 …

no image

成しても成らない今日この頃

だめです。 すっかり体重は停滞気味。 どうしょうかなぁ No related posts.

祝 420時間終了

本日で、420時間の日本語教師養成コースが完了しました! いやー、長かった。 1年3ヶ月、良く通ったなと、とりあえず自分を褒めてあげたいです。  ですが、10月の試験はまったく自信がない。今から3週間 …

株式投資を本格的にはじめました。米国ETFを長期投資に向けながら、日本株のスイングトレードの必勝法を勉強中です。3000万円資金で年率5%目指します。