カルチャー ライフ 旅行&グルメ

念願の植田正治写真美術館へ

投稿日:2020年8月31日 更新日:

植田正治写真美術館へ

米子にある植田正治写真美術館へやってきました。

去年、テレビでこの美術館を見てから、鳥取砂丘をテーマに人物撮影をする植田正治さんに興味を持ちました。

場所は国立公園大山の麓、伯耆町。

豊かで穏やかな田園風景の中に、突如現れる美術館。田舎とモダンが絶妙なバランスで何故か調和しています。

まずは常設展へ。何ともレトロなモノクローム写真が飾られています。昭和の香りがする。

小さい時に、両親や祖父母の若かりし頃の写真を覗き見した時のような感覚です。

植田さんは一生、アマチュアの写真家を名乗っていたと言われるくらい飾らない、自分に正直な人に見えます。

中でも少女四態は印象的で、偶然の産物なのか、熟考の賜物なのか、深掘りしたくなります。この4人の少女の1人がご存命でテレビで当時の様子を語ってくれてました。

確か、偶然な写真っぽかったかな。もちろんポーズは植田さんの指示ですが。

家族の写真も暖かいアート。奥様、綺麗な人でしたね。そりゃ、先立たれた時は悲しかったでしょう。

映像が見れる場所があって、全体が巨大レンズとなっています。正対する壁面に逆さ大山が現れます。

上の写真は、外から見た巨大レンズです。建物が大きすぎて、巨大レンズに見えません。

美術館内から見る大山も、真正面で優しい顔をしていました。

植田さんは、黒いチャップリンのようなハットとスティックを良く使います。

これがまた昭和な情操を醸し出します。懐かしく思うのは私の幼少時に見た写真の切り抜きのように思えるからだと、だんだんわかってきました。

学生らしい男の子が、何名か個別に来ていたのが印象的な美術館でした。

満足❗️

-カルチャー, ライフ, 旅行&グルメ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

新潟市美術館

今年の目標の一つである美術館めぐり。まず、新潟市美術館に行ってまいりました。 新潟は暖冬とは言え風が冷たい中、観光客が便利なバスに乗り、新潟駅から約20分。公園を通り抜け美術館まで歩く。途中風情のある …

no image

ナイシトールの値段は高い?

寒いと痩せないね、すぐため込もうとするから。週末に漢方薬をまた買った。今度はナイシトールと同じ成分だけど値段の安い薬。何が違うんだか。 便秘薬との違いは一気にこないこと。お腹が急激に痛むことはない。し …

楽天を調べてみた

楽天の株価 楽天から株主総会招集のお知らせが来ました。 と言っても、もう売ってしまったので、株主ではありませんが。 ずいぶん高値で買わされ、ようやく戻った時に売りました。 (笑)たったの1,501円の …

no image

2010年

2010年は、 ① 体重50kgにする。 ② ゴルフスコア105達成 ③ 新しいことをはじめる No related posts.

【立山黒部アルペンルート】雪の大谷で真っ白な雪に癒される!

雪の大谷、立山黒部アルペンルートに行くまでに、まずは富山県から立山へGo 富山県から1時間半程度で立山駅に到着しました。 登山の入口らしい雰囲気です。 天気は快晴! 楽しみです。 立山駅からケーブルカ …

株式投資を本格的にはじめました。米国ETFを長期投資に向けながら、日本株のスイングトレードの必勝法を勉強中です。3000万円資金で年率5%目指します。