ライフ 旅行・地域

セグウェイで鳥取砂丘を楽しむ

投稿日:2020年8月29日 更新日:

8月の猛暑、念願の鳥取砂丘にやってきました。

まずは、コナン空港に到着して、レンタカーを借り、砂の美術館へ。

砂の美術館は、今年はチェコスロバキア展。

チェスロバキアって、どんな国?

知ってるのはプラハとミュゲ、カフカ、後はよく知らない。

展覧会の砂の建物や人物は、ほとんど分からないが、それでも砂でつくったオブジェは圧巻。

この砂の芸術、毎年テーマを決めて全世界からサンドアートの芸術家が集まり製作してるようです。いったい、どれほどの時間をかけて作ったんでしょう? メーキングビデオを見てみたい。

10カ国17名の砂像彫刻家が茶園勝彦プロデューサーのもと集まって制作したアートのビデオ、YouTubeで見れるかな。

一階で観賞後二階へ。二階から砂のアートを俯瞰で見下ろせるのも醍醐味。そして、砂丘が見れる外のギャラリーへ。

毎年テーマを変えて、サンドアートを展覧してるんだ。

暑い中、少し歩くと、砂丘が見えてきました。どんなにか鳥取砂丘は大きいんだろうと思っていましたが、第一印象は意外に小さいです。

植物が生えていたり、石が見える場所もあり、なんか想像と違いました。

まっ、気を取り直して、セグウェイの待ち合わせ場所へ。それにしても暑い。37度はあるに違いない。

到着すると、すでにセグウェイが3台置いてありました。

脱水症状にならないよう気をつけてと連絡があったので、お茶をペットボトルで用意しておきました。

さて、時間です。

まず、樹齢100年越えの大きな松の木の中で、説明を受けます。照りつける太陽を、松の木がプロテクトして風が心地よいです。何か書類にサインして、さぁオリエンテーション開始です。

バッテリーの立ち上げ方から始まり、乗り方、動かし方、蛇行運転の仕方、降り方、一通り学びます。

さて、20分程度練習しただろうか。そろそろ、砂丘へ行きます。

少し緊張しているから、足に力が入ってふくらはぎが痛いです。

でも、慣れてきたら、楽しいです。

砂丘には、遠くに人影が数名。それ以外は一面、砂とブルースカイ。

独り占めできて満足です。

その後、いったんスタート地点に戻り休憩後、今度は海側へ。

普段は許可なしでは入れない場所に入れて、秘境感、ワクワクです。

ゲームが用意されていました。

モアイ像が道の木々に隠れているから、探すことに。

私は、一つしか見つけられなかったです。

こう言う時に歳を感じます。敏感に反応しなくなった。

片道1.2キロ、セグウェイでスルスル下って海へ。

絶景❗️ 来てよかったです。

こんな場所があるなんて。最高。

2時間、十分楽しめました!

-ライフ, 旅行・地域

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

高島屋百貨店について調べてみた

高島屋百貨店の事業形態と営業収益 百貨店業界は海外からのインバウンドが来ないと、もはや、つぶれそう。そもそも儲かっているのかな、まずは高島屋百貨店を調べてみよう。 事業営業収益 (百万円)営業利益(百 …

ヘッドハンターはフランス人

そもそも、なぜ、この私が急に日本語教師を志すことになったのか? あれは1ヶ月ほど前、私はとあるヘッドハンターと新宿でランチの約束をした。 そこにあらわれたのは、年齢で言うと30代前半くらいの清々しいス …

no image

妙心寺三門と仁和寺の御室桜

京都に半年ぶりに帰ってきた。 叔父のお墓が妙心寺にあるので、墓参りに行った。 ぽかぽか陽気[E:sun]ですっかり観光にきた気分。 一般公開の妙心寺三門に。 急な階段がまるで、イタリアのドウーモのよう …

future AI, 5G, Blockchain

2030年、2040年、そして2300年の世界はどうなるのか? 人口、GDP、5つの破壊的イノベーション

2030年の人口 さて、2030年の世の中はどうなっているだろうか? それほど遠くない未来。 2030年の世界人口は、73億人(2015年)から約10億人増え、85億人に達すると言われています。そのう …

2019年から2020年へ

2019年→2020年

昨日は仕事納めだった。外資と違いクリスマス休暇ムードはゼロで、お休み前の仕事需要が半端ない。自分たちで仕事を作っていないかと反省する。 去年はまだ以前の仕事をしていて、居心地が悪く気持ちは最悪だった。 …

株式投資を本格的にはじめました。米国ETFを長期投資に向けながら、日本株のスイングトレードの必勝法を勉強中です。3000万円資金で年率5%目指します。